hygge(ヒュッゲ)な時間を古民家で♡デンマーク流、幸せな暮らし方のヒント。

おはようございます♡
今朝もとっても寒いですね。でもこの寒さだからこそ
家の中の暖かさ、ぬくもりがより一層、しあわせに、
そして、ありがたいものだと気付かされますよね。

 

今日はhyggeについて記事を書いていこうと思うのですが…
みなさんhyggeという言葉は聞いたことありますか^^?

私はこの夏、デンマークの”hygge”という言葉を知ってから
プライベートで多様していますw笑

hyggeな暮らし。hyggeな雰囲気って本当に最高だと思う…♡!!

 

 

hygge(ヒュッゲ)って???

デンマーク発祥の「hygge(ヒュッゲ)」は、
日本語の中に、ぴったりこれといって当てはまる言葉はないのだそう。
デンマーク独自、独特の言葉です。

日本語で表現をしようとすると、、、
「少人数の温もりのある、心地良い空間や雰囲気」
「ほっこりする」に、なるのかな…?
とっても抽象的にしか表現できない気がします。

hygge(ヒュッゲ)日常の中にある様々な ”心地良い” を広く含んだ言葉。
「ねえ、ヒュッゲしない?」なんていう会話も日常でするみたい♡

我が家では
”hyggeなカフェいこう〜、どっかないかな〜” とか
“なんだかこれはhyggeな雰囲気だね” とか
日常会話にたくさん出てくるようになってきました^^

 

 

hygge(ヒュッゲ)おすすめ本。

私が初めて読んだhyggeの本はこの本です^^

『ヒュッゲ 365日「シンプルな幸せ」のつくり方』 (マイク・ヴァイキング著,‎ ニコライ・バーグマン解説,‎ アーヴィン 香苗訳)

この本は、表紙もかわいいし、中の写真やイラストも
ナチュラルでやさしい感じで、だいすき。
今はインテリアとしてダイニングに飾っています♡

初めてhyggeに触れる方にもとってもおすすめです。
分かりやすく、シンプルにまとめられています^^
すぐに取り入れられるhyggeもたくさん紹介してあります♩

例えばですが…
キャンドルを日常的に使う。暖色のライトで暖かい雰囲気をつくる。
気の合う仲間と食事の時間をともにする、
家の中にお気に入りの落ち着くhyggeスペースを作っておく…。

どれもすぐにお家で取り入れられる、
そして心がじんわり暖かくなる、そんなactionですよね^^♡

 

 

 

そしてもう1冊持っているのが… 『幸せってなんだっけ? 世界一幸福な国での「ヒュッゲ」な1年』 (ヘレン・ラッセル著,‎ 鳴海深雪訳)

こちらもおすすめです♡
さくっと読みたい方は、1冊目の方がするする読めるかもしれません^^
こちらのhygge本は、イギリスの有名なジャーナリストさんが
ジャーナリスト目線でhyggeについて書かれている感じです。

 

あなたにとって”しあわせ”とは?

あなたにとっての”幸せ”ってどんなこと?どんなもの?どんな気分?
幸せの定義は、それぞれみんな違ってみんないいですよね。

私が最近思うのは、小さくて、でも、あったかい、
日常から、ふっと生み出される、ありがたみのある雰囲気。

朝起きて、外に出て澄んだ空気を吸ったときの気持ち良さ。
ドリップしたコーヒーを飲んで、体の中がぽかぽかとしてくるのを感じること。
食後に、ハーブティー入れてふぅ。。とできた時のゆっくりとした時間の流れ。
お風呂後に大好きな香りのクリームを塗って1日の終わりを感じるとき。

改めて、”しあわせ”って、「もの」ではなくて
「空気感」、「雰囲気」、「ぬくもり」、、、
かたちのなくて脆いものだなって感じています。

 

そして、ながーく続くものではなくて
”一瞬” ”一瞬”。

とっても短い。

だからやっぱり「今」を生きるって大事ですね。
未来も過去も、直接操作できない、扱えないけど
「今」はどれだけでも扱える^^

最近は週1回、夫婦でhyggeな雰囲気で
夜ご飯を食べながら、向き合う時間を作っているのですが
そんな話の中で、hyggeな会とかしたいね。
と話をしているので、そんな日がくるのをみなさん、お楽しみに♡

===================
Mana Care/yoga
大高/鳴海/碧南/緑区 ヨガとエステの古民家サロン
※火曜定休
お問い合わせはLINE@より
「@djd1331d」

 

コメント