ペスカトリアンという選択。ヴィーガンって?

 

こんにちは^^
今日もとーっても暑いですね。

夏バテ知らずで元気にお過ごしでしょうか♡?

 

 

暑い夏は、いつもよりたくさんの汗をかく季節。

最近よく足つるんだよね。という方は
もしかすると、水分不足、ミネラル不足かもしれません…!

汗をたくさんかく夏は
脱水や、ミネラル不足に注意が必要です♩

脱水することで血流が悪くなり
ミネラルが汗と一緒に体のの外へ出ていき不足することで
筋肉が硬くなりやすくなり、結果として足をつりやすい状態になります。

そんな方には海藻やナッツ、緑黄色野菜を
意識的に摂ってみるのがおすすめですよ♡

からだを整えることは、こころを整えることに
直結します^^整えるコツを少しずつ、
身につけて、快適ライフを過ごしましょう^^♩

 

 

ペスカトリアンとヴィーガン

さて、今日はかなり個人的な内容なのですが
私の最近の食生活について、書いてみようかなと思っています。

 

みなさんは、ヴィーガン、ペスカトリアンという言葉を
聞いたことはありますか?

 

なんだその言葉は?!と思う方もいらっしゃるかと思いますので
少し説明させてくださいね^^

 

 

ヴィーガンとは「動物を搾取することなく生きる」という思想で
もともとは1944年にイギリスで生まれた言葉だそう。

ヴィーガンの方はお肉やお魚は、卵、チーズ、バター類、はちみつ等を口にしません。
根底にあるのは”動物愛護”という考えなので
「健康志向」から生まれたベジタリアンとは違います。

また、着るものや住まい、衣食住といったライフスタイルにおいても
動物性の素材を使用しません。

革製品の靴やバッグ、ファーのコート、革の財布等は使用せず、
コスメ用品も動物性油、ハチミツや牛乳、卵の成分が抽出されていないものを
使用します^^

 

 

ペスカトリアンとは、簡単に表すと
「お肉は食べないけれど、お魚は食べる」という食スタイルです。

乳製品や鶏卵等は、口にしますが、お肉は口にしません。
お肉のダシを使用している食べ物も基本的には口にしません。

健康面や、畜産の環境への影響を考えて
ペスカトリアンになる人が多いのだそう。

 

 

お肉を食べないという選択をした

実はこの夏から私は「お肉を食べない」というライフスタイルを
はじめました。上にある、ペスカトリアンという食スタイルです。

 

実は小さい頃からずっとお肉が苦手で
給食で豚肉のソテーのようなものが出てきたときには
半泣きレベルでつらかった記憶が鮮明に残っています。

 

大人になってからも、やっぱり苦手で
大学進学をきっかけに一人暮らしになりましたが
スーパーでお肉を買った記憶はなく……

ウインナーやハンバーグ、ハムといった
形状が変わったものだけは食べれるから、食べていました。

でも、ヨガを仕事にして、お肉を食べることに
さらに違和感を感じるようになり…

ついに、もうお肉は食べないで生活してみよう!
という結論にいたりました。

 

お肉がおいしいいいいい!っていう感覚は
これまでも、ほとんどなかったので
お肉が食べたい!という感情にもならず
今のところ、快適な食ライフを送れています♡

 

実はお母さんもお肉は苦手。
なんとか鶏肉を食べれるレベルです。

そんな母の影響も少なからずあるとは思うのですが、
やっぱり豚肉も牛肉も鶏肉も、スーパーに並べられる前は
元気に走り回っていた命で

だからその命が宿っていた肉体を食べるという行為は
私にとってはなんだか重すぎる事実で、
だから、この選択に至ったんじゃないかなと今は思っています。

 

だからといって、
この自分の食スタイルを誰かに押し付けるつもりは
さらさらなく、旦那さんはお肉食べるからお肉料理だってつくるし、
お肉大好きな友達との食事も楽しめます^^♩

 

この選択をしてから
買うものの成分表をよく見るようになったのですが
本当に本当に鶏ガラエキスとか、動物由来の成分ってたくさん
使用されていますね。

これもか!これもね!わ〜!ってびっくりします。

 

でもそのおかげで添加物の摂取量も減り、
お肉を食べないことでなんだか、心が軽く感じています。

 

 

 

いろんな考え方があるし、
いろんな選択をしてもいい時代。

健康にどうだこうだ、環境にどうだこうだ、
栄養がどうだこうだ…と賛否両論だとは思いますが

今のところ、ペスカトリアンという食スタイルは
私には合っている気がしています^^♡

自分のこころとからだの調子を観察しながら
自分にやさしい納得感のある選択をしたいですね^^

 

また、何か変化があったら
ブログでシェアしたいなと思っています^^

 

 

では、楽しいお盆をお過ごしくださいね♡!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です