理学療法士と作業療法士の結婚。

 

 

 

 

おはようございます^^

名古屋市・碧南市を中心にヨガと整体を通して活動しています

作業療法士/ヨガインストラクターの杉浦真里です。

夜は栄で理学療法士の夫と栄でカフェを営んでいます。

 

hawaii留学で学んだヨガ哲学をふまえ

解剖学、生理学をふまえたヨガレッスン、

女性のためのやさしい整体の

プライベートサロンです。

(女性特有のトラブル、腰痛、頭痛等

お気軽にご相談ください)

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

アメブロからワードプレスに変えたはいいものの

ちょっとBlog更新さぼりがちになっております。

なんだか、ワードプレスに変えてからSEOとか

文字数とか気になり出してしまい、サクサクっと書けません!

でも、慣れるまでの少しの辛抱です。全ては慣れ。

 

 

はい、今日は理学療法士と作業療法士の結婚について。

『聞いてもいいですか?』と改まってよく聞かれるこの質問。

 

今、思っていること全部書くとと長〜〜〜〜くなってしまいそうなので

さくっと、少しだけ明かします^^

 

 

 

理学療法士と作業療法士の結婚のメリット&デメリット

これ↑よく聞かれるのですが、ぶっちゃけよく分かりません。

だってね、よく考えてみてください。

理学療法士である前に一人の男性です。

作業療法士である前に一人の女性です。

 

理学療法士と作業療法士だからといって

すごく特殊な何かはないです。

少なくとも、私たちに関しては、ですが。

 

 

 

そうはいっても、

メリット、デメリットがやたら気になる〜!

という方、いらっしゃると思いますので

少しだけあげていきます♩

理学療法士と作業療法士の結婚。メリットは?

みなさん、ご想像通りのことかと思います。↓

 

1.お互いを補強しあえる!相談できる!

理学療法士、作業療法士は専門分野が

異なります。そのため、もし病院や施設等で

担当しているクライアントに悩んだときには

相談することができます^^

 

1年目の頃はよく、あーでもない、こうでもない…

なんて2人で討論していました。

こういう人って、どうしたらいいんやろ?とか

こういうときって、どうやって手続きするんやろ?とか

もう、本当によく話してました。

 

その頃の彼と私は、愛知と三重で離れていたので

月に会うのは1〜2回。

 

そんな貴重なデートの時間であるにも関わらず、

仕事の話、よくしてました!笑

 

彼なんて私の数百倍、臨床が大好きすぎて…

自宅のホワイトボートに

問題点、仮説、検証…色々書き出す始末です。

 

わたしも、臨床は好きなので楽しいですが、

それよりも、私の身体を実験台にして

評価、治療を楽しむ彼をみるのは

とっても楽しかったです。

結局のところ、二人で臨床について考えたり

討論することが楽しいのではなく…

 

「生き生きと楽しむ人と一緒に過ごす時間」

が楽しいのです。

これは私にとって、すごく幸せな時間。

「何をするか」にあまりこだわりはないです。

結局のところ、なんでもいいから、

一緒に楽しむことができたらいいと思います。

 

はい、こんな感じです。

日々の臨床、仕事上のお悩みシェア、相談ができる!

これはメリットかなと思います^^

 

 

 

2.お互いのあるある、悩み、共感できる

二人ともに病院や施設等で勤務した経験がある場合は特に

お互い、臨床上の悩みはもちろん、他触手連携やコミュニケーション等

お互いの状況を分かった上で、、共感ができると思います。

 

夫婦で全く異なるお仕事をしている場合、

お互いの仕事内容や状況が分からなすぎて

良いこと、悪いことどちらも

帰ってきて話す気にならない。

なんて場合もあると思います。

 

悪いこと、良いこと、どちらにせよ

「共感」が得られやすいのはメリットかなと思います^^

 

 

3.治療し合えること

お互い、疲れたときには治療し合えることはメリットです!

 マッサージ屋さんに行ったり、整体に出かけなくても

『どうかお願いします!!』の一声で

短時間ですが、治療してくれます。笑

 

私の場合、学生時代の度重なる右足関節の捻挫により

アライメント崩れており、疲れがたまると歩行時に

疼痛が出現します。

そんなときに、ぱぱっと治療してくれたり

簡易インソールをしてくれるのはとっても

ありがたいなと思います♩

 

 

理学療法士と作業療法士の結婚。デメリットは?

デメリットを想像する人の方がなんとなく多い印象があります。

ですが個人的にデメリット、感じたことはないです^^

 

一つ考えられるのは…

『家で仕事の話をしたくない』という人にとってのデメリット。

 

 

理学療法士、作業療法士のお仕事をしているけれど

仕事が好きではなかったり、

お仕事とプライベートをきっちり、はっきり

分けたい!という方にとってはデメリットも大きいかもしれません。

 

そういった考えの方は、

どちらかが、家に帰ってきて

仕事の話をし始めた瞬間イラっとしてしまうと思います。

 

「仕事の話を家でしないで!」

そんな気持ちが湧いてしまう方も少なくはないと思います。

 

 

 

理学療法士と作業療法士の結婚。結婚して1年半を振り返る。

結婚してよかったです。

一緒に暮らし始めてよかったです。

これが素直な感想です^^

 

でもこの、『よかった』は

” 彼が理学療法士であるから ” ではないです。

逆に、彼が仮に理学療法士ではなくとも、

きっと、結婚してよかった。そう感じていると思います。

(※もちろん大変なこともありますよ!!それはまたいつか書きます!)

 

 

結論、、、

私の個人的意見ですが

理学療法士と作業療法士の結婚。

理学療法士と理学療法士の結婚。

作業療法士と作業療法士の結婚。

 

どれも特殊なものではないと思います。

 

 

彼が理学療法士。

でも家ではお仕事の話は、したくないな…

そう思う方は、

『家では仕事の話をしない』と決めるのも一つの方法。

 

もし、彼が理学療法、作業療法が大好きで

いつも楽しそうに話をしてくるのであれば

でも、そんな彼のことが好きなのであれば…

 

自分が、理学療法士や作業療法士のお仕事を

今よりも、大好きになって、

家での彼の話を一緒に楽しめるように

自分が変わったらいい。

 

 

そもそも、自分の大事な人や

好きな人が、

好きなことをして、楽しそうに

話をしてきてくれるのであれば、

それを受け入れて、認めるべきなんじゃないかなと^^

そう、思います♡!

 

 

療法士同士の結婚は少なくないと思います。

いろんな意見があると思います。

わたしが思う、療法士夫婦の結婚について

書いてみました。

 

 

療法士カップルさんの参考になれば幸いです♩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿を作成しました 56

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る