普段、電車移動が多くて

電車の広告をきょろきょろ見てしまう癖があるのですが

今日みた広告で

「お酒の失敗ではなくあなたの失敗」

って書いてあるものがあったんです。

 

お酒自体が悪いのではなく、

お酒を飲みすぎたあなたの失敗が

酔っ払いすぎたことをいいことに

誰かを傷つけたり、迷惑をかけることに繋がったんだよ。

そんな意味が込められていると思います。

 

でも、これっていろんなことに通ずる考え方だなって思って

私たちは自分が失敗したり、うまくいかないことがあると

何かや誰かのせいにしたくなると思います。

でも、そうではなくてまずは自責で考えた方が本当は

ずっと楽だし、自分も成長できるし、長引かないなって思います。

 

 

サロンには、痩せたいとか、心身ともに健康になりたいとか

生理前のイライラがひどいとか、肩こり腰痛が辛いとか

いろんな悩みを持った女性がいらしてくださいます。

でも全てにはきっと何かしらの原因があるはずです。

 

 

例えば、「極度に太ってしまったこと」を

 

現代は物に困らない・物に溢れた時代でいつでも

食べたいものがすぐにコンビニ等で買える環境だから

脂質や添加物の多い食事になってしまう。

とか

仕事が忙しいからストレスもかかるし

時間がないから自炊なんてしていられない。

とか

全てを環境のせいにしてしまうのは

少しもったいないかなと思います。

 

 

原因は環境ではなく、

コンビニやジャンクフードのせいでもはなく、

自分の身体にやさしいものを選べなかった自分の失敗。

多忙すぎて自炊の余裕なんてもちろんない働き方を選び、

かつ時間がないの一点張りで時間を作れない自分の失敗でも

あるはずです。

 

その結果が今の体型であったり、不健康な状態。

 

ただ、それで自分を責めてしまうのは違うと思います。

そういった結果になったのは、「自分自身」が悪かったわけではなく

自分がただ、正しい知識やメンテナンスの術を知らなかっただけ。

 

知っていたらできることはたくさんあったはず。

その知識のもとに少しだけ気をつけていたら結果も変わったはず。

 

自分自身が悪いのではなく、

ただ、知識がなく、自分の健康を守る術がなかっただけです。

 

でもこういった内容ってなかなか学ぶ機会がありません。

 

肌荒れしたときにどういう食事が良いの?とか

食べ過ぎた日の翌日のメンテナンスはどうする?とか

生理前のイライラや気分の落ち込みの対応、

白砂糖と甜菜糖の違い、糖化と肌の関係、

女性ホルモンがメンタルと身体に及ぼす影響、

20代の栄養状態や運動習慣が30年後未来を変えるとか…

 

これまで、誰も教えてくれなかったことだと思います。

誰も教えてくれないから、自分でしっかり学ぶ機会をつくり、

今よりも心も身体も健康で、これからもずっと元気でいられるように

そして、女性が「きれい」でいられるように◎

 

1月13日にこんな内容をKanonRoom(丸の内)にて

ワンコイン講座でお話させていただきます。

「知識」は絶対武器になると思いますので

お一人でも気軽にご参加いただけたら嬉しいです^^♡

▼詳細はこちらから▼

https://kanonclass.com/2018/11/27/113k/