メンテナンス方法を知っていたら食べるのは怖くない

 

 

日々、サロンにいらしてくださる女性のみなさんの中には

健康維持のため、体型維持のためという方も多いですが

それぞれで色々な悩みを抱えている方もいらっしゃいます。

 

 

中でも多いのは

「体型」、「肩こり腰痛」、「頭痛」、「生理痛」、「姿勢」…etc

 

 

今日は体型に悩んでいる女性や

ダイエットに悩む女性に向けて

美腸栄養学の視点から食べ過ぎてしまったときの

メンテナンス方法についてお伝えしていきます♩

 

 

 

食べ過ぎたときはどうしてる?

お正月やクリスマス、誕生日に新年会、

何かと外食が続くと普段より多く食べ過ぎることは

誰もが一度は経験したことがあると思います。

 

大好きな人たちと、大切な人たちと

美味しくお食事できてよかったな〜!と

そんな気持ちでいられたら良いのですが…

 

お食事が終わった後に

「あ〜〜〜食べ過ぎた!」と後悔したり

食べ過ぎた自分を責めてしまう方も少なくはありません。

 

 

そもそも

食べることは生きること

食べることは楽しく、おいしい時間

であるはず。

 

 

一人でのお家ご飯も

みんなでのお食事も

”おいしく楽しい時間” であってほしいし

その後に後悔したり、自分を責めるのは

ちょっとかなしいと感じませんか?

 

 

じゃあ、

食べ過ぎた後に後悔したり

自分を責めたりしないためにはどうしたらいいの?

 

私なりの答えは

食べ過ぎても、ちゃらにできる

自分なりのメンテナンスを知っておくこと、持っておくこと!

だと思います。

 

食べたものが全ていきなり瞬時に

脂肪となって身体に蓄積していくわけではないので

一旦落ち着いて、自分でメンテナンスできるようになることを

おすすめしたいなと思います。

 

 

食べ過ぎ後メンテナンスのポイント

メンテナンスをする際にはポイントがあります♩

 

・日を開けず、即座にメンテナンス

・「摂りすぎたもの」を控える

・塩分オフでむくみを解消

・海藻類や青菜を中心にデトックス

 

摂取したものは42時間以内で脂肪へと変化するから

2日以内にメンテナンスした方が◎

先週食べ過ぎたからそろそろメンテナンスしようかな〜?は

遅いので、できれば翌朝からメンテナンスすると◎

 

”何を控えるのか” はとっても単純。

糖質を多くとったな〜と思ったら

翌日は糖質を控えてみる、半分にしてみる。

 

むくみ解消には塩分offが大事。

味気ないときは、酸味や香辛料をプラス。

 

あとは、食べすぎたから

何も食べなければいい!と無理に空腹を耐えるのも禁物です。

糖質、タンパク質、脂質を代謝するためには

微量栄養素といわれるビタミンやミネラルが大事◎

 

そういった栄養を摂取するためには

カラフル食材を意識するとよいです^^

 

例えば…

レタスよりもサニーレタス、

玉ねぎよりも紫玉ねぎ、キャベツよりもレッドキャベツ…etc

↑メンテナンス期間中だけではなく普段から意識できますね^^

 

 

 

細かい栄養素を覚えて組み合わせを考えられるに

越したことはありませんが

全て覚えるのは簡単なことではないと思います。

 

ですが「メンテナンス」を自分でできるようになるために

全ての栄養素を覚える必要はありません。

 

覚えなくても

できることもたくさん、あります^^♡

 

自分なりのメンテナンス方法を

確率させて、普段の自分の生活に落とし込んでいきたいですね!

 

モニター様には

ヨガやトレーニング施術に加えて

お食事サポートもさせていただいています^^

 

 

今年の夏までに〜!と思っている方はぜひ

お問い合わせくださいね^^

 

今年の春に結婚式!という方は

少しお急ぎくださいね^^

 

↓↓モニター詳細はこちらから↓↓

モニター枠再募集♡緑区/鳴海/碧南/刈谷/エステ・トレーニング
名古屋市・碧南市・刈谷市を中心にヨガと整体を通して活動しています。 作業療法士/ヨガインストラクターの杉浦真里です。   hawaii留学で学んだヨガ哲学をふまえ 解剖学、生理学をふまえたヨガレッスン、 女性のためのやさしい整...

 

 

コメント