噛んで、食べて、いつまでも健康に。

 

 

こんばんは。

名古屋市・碧南市・刈谷市を中心にヨガと整体をしています。

作業療法士/ヨガインストラクターの杉浦真里です。

 

Hawaii留学で学んだ自分を大切にするヨガと

女性のためのやさしい整体の

プライベートサロンです。

 

 

今日は、お食事や栄養に関することを書こうかなと思います.

 

 

わたしは、約2年程前、管理栄養士の木下あおい先生から

インナービューティーダイエットを学びました。

 

インナービューティーダイエットは

「幸福感に満ちた美しい自分自身になるために、

体の内側(腸・心)から整える継続可能な食事方法」とされています.

 

最初はピンとこなかったのですが、あおい先生のblogや本を読んでいくうちに

あ!こんな栄養学に出会いたかった〜( ;  ; )♡

と思ったのを今でも覚えています.

 

栄養学に興味を持ったきっかけ

食事や、栄養を学ぼうと思ったのは父の他界がきっかけです.

高校3年生のときも、作業療法士の大学に入るか、管理栄養士の大学に入るか

ぎりぎりまで悩み、作業療法士の道を選びました.

 

大学卒業後、就職しても生活習慣病を予防するにはやっぱり食事!

口から体内に入れるものはすごく大事!そんなことを思うようになり、学びはじめました.

 

糖質制限が大流行

当時から流行っていた、糖質制限.

本屋さんには糖質制限に関する本がずらっと並び

メディアにも頻繁に取り上げられていました.

そんな中、『制限』というワードに、なんだかふつふつとするものを感じながら

いろんな栄養学の講座やセミナーに足を運んだり、本を読んだりしました.

制限をするお食事ってずっと続くの?幸せなの?健康なの?

よく目にする、『制限』、『◯◯は摂らない』といった内容…

 

父が生活習慣病を患い、

制限だらけの食生活を送る父を側で見ていた私は、

予防する生活、健康的な食生活が「制限」であることに息苦しさを感じていました.

 

 

だって『食べる』って本来すごく楽しいこと.

大切な家族や大好きな人、尊敬できる人、

そんな自分に関わってくれる人達と食事を囲みながら団欒とする時間は

楽しくて、幸せであるべき.

 

だから、わたしが目指す、理想とする ”予防” に

『制限』だらけの栄養学をあてはめることができなかった…

 

過去の経験と私の今の食

最近気づいたのですが、わたし、食べるものにびっくりするほど執着がない.

お腹空いたら、何か食べられればいい.

あまりにもジャンキーな食べ物は嫌だけれど.

 

「◯◯が絶対に食べたいとか」

「◯◯っていう店の◯◯っていうものが食べたい」とか、

食に対して、本当にびっくりするほどこだわりがありません.

この ”びっくりするほどのこだわりのなさ” は、

過去の経験からくるものなのかな〜って、最近では思っています.

この話についてはまたのちほど^^

 

 

噛むといいことあるのか問題

とーーーっても多くの本当に多くの情報が飛び交う現代社会.

『たくさん噛むといい』とか

『痩せるためには噛むといい』とか

ほとんどの方が聞いたことがあるのではないでしょうか.

 

で、『具体的にはどんな良いことがあるの?』

ということで今日はたくさん噛むことのメリット

簡単にまとめてみました.

 

以前、まとめたものから抜粋して簡単に♡

ざっくりメリットを挙げると

 

消化と吸収の負担を軽減、発ガン物質を抑制

代謝を促進、イライラを軽減

 

などが挙げられます.

一つ一つ、もう少し掘り下げていきます♩

 

 

消化と吸収の負担を軽減

唾液には『ムチン』という消化酵素があり、

ムチンと食べ物が混ざり、食べ物が包まれることで胃や腸への負担が軽減.

負担がかかり過ぎると消化吸収がうまくいかなくなることも.

 

お腹が弱いな〜とご自身で思われている方はたくさん噛むことで

消化吸収しやすくしてあげるのがおすすめです.

発がん物質を抑制

唾液に含まれる酵素(ラクトペルオキシターゼ)は

添加物等に含まれる発ガン物質を抑制.

噛むことがガン予防にもつながっていきます.

 

 

代謝を促進

噛むことで歯根膜を刺激すると神経性ヒスタミンが出て、代謝促進.

また、噛むと臓器が動きだすので体も温まります.

 

 

イライラ軽減

噛むことはリズム運動です.

イライラする気持ちを軽減させてくれます.

 

 

 

 

短く、簡単にまとめてみました^^

たくさん噛むと良いことってたくさんありますね♡

 

 

お腹がペコペコでいそいで食べてしまったり

時間がなくて急いで食べてしまったり、そんな日もあるとは思います.

 

ただ、時間に余裕のあるときは、たくさん噛んで味わって、

美味しく楽しみながらお食事したいですね.

 

 

 

 

そして最後に…

たくさん噛むためにもってこいのアイテム!

『箸置き』です。

食事をする際に箸置きを用意しておくだけで

自然と箸を置く習慣がついていきます.

 

早食いの癖がある方、ゆっくり噛んで食べるを習慣化されたい方、

よかったらお試しくださいね♡

 

またの機会にもっと詳しくまとめようと思います^^

コメント