Mari Sugiura (杉浦真里)

​作業療法士|ヨガインストラクターRYT200|IBDA(美腸栄養学アドバイザー)

父と兄の他界をきっかけに医療へ興味をを持ち作業療法士を目指す。大学卒業後作業療法士として回復期病院にて勤務。 生活習慣病の予防に関わりたいという想いと、自身が体調を崩したことをきっかけに、働く女性のケアに興味を持ち、予防、食事、女性に特化した勉強を始める。 勤めていた病院を退職しハワイにヨガ留学。 現在は働く女性をきりくちにその家族までもが幸せなヘルシーライフを送れることを願い、ヨガと施術を通して愛知県で活動中。

趣味:ヨガ、岩盤浴、読書、カフェ巡り