おつきさまと、ともに。自然と、ともに。

こんばんは。

名古屋でヨガや瞑想、アーユルヴェーダをお伝えしています。杉浦真里です。

 

明日は満月。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

どうやら私も満月の影響を受けているからか、満ち満ちとした感覚とそして、重々しい感覚を感じています。

 

でも、満月前だからこれが自然。

 

体が重く感じるからこそ、私たちはスローダウンして過ごすことができる。せかせかと慌ただしい日常を少しお休みしてみよう。というきっかけが生まれる。

だから、自然のリズムや自然の波には、やっぱり感謝があふれます。

 

 

そして月のリズムや、女性の内なる季節について学んでから、わたしはとても、”楽”です。

本来の自分に、さらに回帰した感覚があり、安心感というもののベースがぐんっ。と上がったようです。

 

からだが重くても、それすらどこか”心地よく”感じるようになりました。

 

確かに、からだがちょっと浮腫んでいる感覚があったり、だるい感じがあったりと、重い。

けれども、自然との調和、地球との調和を感じられるからこその”不思議な心地よさ” を感じるのです。

 

 

みなさんは、どんな感覚を感じていますか。

 

今、月あかりをゆったりと感じてみたいなあ。味わってみたいなあ。
そんな余白は、自分の中に感じられますか。

 

もしかしたら、満月のパワーとともに溢れた何かしらの感情が湧き出て、ちょっと心がチクチクしたり、トゲトゲしたり。そんな方もいるかもしれません。

 

満月の満ち満ちなエネルギーとともに、たくさん食べて、栄養をとろう、蓄えよう。と体が反応している方も、いるかもしれません。

 

もし、ちょっと自分に×をつけたくなっていたら…ひとつ、大きな深呼吸を。(まぶたを、そおっと、閉じて)、そして、お月様のやさしくて、まあるい、しっとりとしたエネルギーを感じようとしてみてください。

 

そして、自分の内側にも、優しくてしっとり。なエネルギーを広げるようにイメージしてみてください。

 

もちろん、トゲトゲにもなるし、チクチクすることもあるけれど私たちは、本来の姿に戻ることができます。

 

満月や新月は、
”本来の私たちが、ちゃあんと存在していること” を思い出すとっても良いタイミングだと私は思います。

 

 

そして実は…

今回の6月の満月は2020年2回目の半影月食の満月なんだそう。

 

 

陰から陽への変化。
男性性優位のエネルギーから、女性性が活発になる年とも言われています。
これを知って、私はさらに2020年に生きていることに、生まれてきたことに
とてもわくわく。しています。

 

女性は24時間のサーカディアンリズムに加えて、月の周期も合わせもっています。
今の社会は24時間のリズムが優位ではありますが、どうか月のリズムも大切に…

 

そして私たちの内側にある”女性性”を大切に、育て、解放し、守っていきましょう。

 

しなやかに強い女性性も、ふんわり柔らかい女性性も。どちらも、とてもとても、神聖なもの。

 

私は今夜、キャンドルの灯で瞑想をして、
ゆったりお風呂につかって
すこーし向き合う時間をとって。

トルコランプの灯をともして
おやすみしようと思います。

みなさんも、素敵な夜をお過ごしください。

コメント